仲人の結婚スピーチのタブー

せっかくの結婚スピーチも、他の列席者を不快にしてしまっては大変です。

そうならないために、仲人の結婚スピーチで気をつけたいことを書いてみます。


スピーチには、仲人自身の自己紹介が含まれますが、この部分は新郎新婦と仲人の関係を言うにとどめ、自己宣伝をしないように気をつけて下さい。

あくまでも主役は、結婚する(した)新郎新婦です。

人生訓を延々と述べたり、お説教のような話も避けましょう。

決まりきった美辞麗句の羅列は、スピーチには逆効果です。

そして当然のことですが、暗い話や下品な話をしないこと。

政治や宗教に関する話題も避け、差別や偏見と受け取られるような言葉、批判めいて聞こえる表現は注意が必要です。

いろいろな立場の人が列席しています。

特に最後の項目は、スピーチで相手を持ち上げるつもりで話した内容も、悪口と取られる場合もあります。



関連記事
仲人とは
仲人の結婚スピーチ原稿作り
仲人の結婚スピーチの構成
仲人の結婚スピーチ例文1
忌み言葉



posted by 新婦の父 at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仲人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。