スピーチを頼まれたら

結婚披露宴のスピーチを頼まれたら、あなたはどうしますか?

相手は、あなたを信頼して頼んできたのですから、快く引き受けてあげましょう。

結婚スピーチの内容は?自分が何を話したいかを考えますか?

それより、新郎新婦の立場に立って、何を話したらいいか考えたほうが、スピーチの内容も考えやすくなりますよ。

あなたが上司なら、きっと仕事振りを中心に話してほしいのでは?

学生時代の友人なら、そのころの楽しいエピソードのについて期待しているかもしれません。

あなたの結婚スピーチに何を期待しているのかを考えて、話題を探すといいのではないでしょうか。

結婚スピーチの構成は、大体下のようになっています。

1、 お祝いの言葉。
2、 自己紹介。
3、 エピソード。
4、 励まし、はなむけの言葉。
5、 結びの言葉。

この中でも、スピーチの中心はエピソードです。

エピソードは1つに絞ることが大切です。面白いからと言って、あれもこれもと盛り込むと焦点がぼけてしまいます。

エピソードは、新郎新婦の両親が聞いて、嬉しくなるような内容のものがいいですね。

時間は、3分程度にまとめましょう。

そして、スピーチは原稿にして声を出して練習しておくと当日失敗しませんよ。





posted by 新婦の父 at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。