スピーチの基本的な構成

スピーチの基本的な構成はだいたい以下のようになります。

1 初めのあいさつ

お祝いの言葉と、簡単な自己紹介。

ポイント

新郎新婦との関係を簡単に紹介。
お祝いの言葉は、必ず入れたほうがいいでしょう。


2 スピーチの中心となる話

新郎新婦の人柄などが分かるエピソードなど。

ポイント

テーマを決める。新郎新婦の人柄、仕事ぶり、二人のなれそめや結婚のいきさつ、新郎または新婦のエピソードなどを紹介。
(前もって、色々な人から話を聞いておくといいですね)

スピーチのエピソードは1つに絞る。

新郎新婦をほめるようにする。


3 結びのあいさつ

新郎新婦への激励、アドバイスと結びの言葉。

ポイント

  もう一度、お祝いの言葉で締めくくりましょう。


もう1つ気をつけてください。

旧姓で呼ばないで下さい。 夫婦別姓等という場合もありますが、新婦(新郎)は既に結婚して姓も変わっているので、名前で呼ぶのが良いでしょう。

原稿ができたら、声を出して読んでみましょう。

実際に読んでみると、原稿のおかしなところに気がつくものです。

念入りにチェックしたい方は、録音して自分で聞いてみて下さい。

声の抑揚など、細かいところまでチェックできます。

もちろん、原稿の内容についても間違いが無いか、しっかり事前に調べておいて下さいね。








posted by 新婦の父 at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 原稿作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。