結婚スピーチの基本

披露宴のスピーチでは、新郎新婦にお祝いの気持ちを伝えることがなにより重要です。

しかし、それだけでは「おめでとう」と言えばすむことで、結婚式のスピーチにはふさわしくないでしょう。


ポイント1、 2人を引き立てる内容

主役の2人のいいところを上手に引き立て、結婚式に参加している人たちに伝えることがスピーチの目的のひとつです。

笑いを誘う面白い話をスピーチに交えるのはよいのですが、新郎新婦の評価を下げたり、自分を持ち上げたりするスピーチは避けましょう。

ポイント2、 エピソードは明るく紹介

他の列席者は知らないような新郎新婦の一面を紹介する話はたいへん喜ばれます。

ただし、一般的に悪い印象を与えないような話題や、フォローのない単なる暴露話はやめてくださいね。


ポイント3、スピーチの時間は短く

時間のだいたいの目安は、3〜5分です。
どんな良い感動的なスピーチでも、長ければ周りも飽きます。

普段なかなか言えないことを伝えたい。

その気持ちも分かりますが、自分ではちょっと短めかな?
と思うくらいがちょうど良い時間の目安です。

長いスピーチだと、段取りや結婚式を行う方の迷惑になる事も有ると思ってください。


ポイント4、誰でも分かる言葉を使う

スピーチの言葉遣いは、立場や披露宴の雰囲気によって異なります。

主賓や媒酌人なら、ある程度かしこまるべきですし、友人代表なら多少くだけてもかまわないでしょう。

でも、結婚式は、色々な方が出席しています。

分かりずらい専門用語や横文字を使うのはやめましょう。

専門用語や差別的な言葉は避け、出来るだけやさしい言葉を選び、 誰にでもわかる内容のスピーチを心がけてください。








posted by 新婦の父 at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚スピーチの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。